2008年 10月 04日

案外どうとでもなるのがBパワー

f0054345_1815388.jpg

BパワーのBは煩悩のB。
ということで昨晩はeratoho J版をプレイしてた翠珀ですよ。
ちなみに、eratoho(というかera)というのはコマンドプロンプト上で行われる調教ゲーム…みたいなモノ。
昨晩プレイしてたのは、それに純愛要素とシミュレーション性が追加された最新のJ版ですた。
幽香の口上(台詞みたいなもの)が出来てる、という話を聞いて知り合いから貰ったのをプレイプレイ。
まずは手始めにイージーで、どのコマンドでどんな風な感じになるとかStage攻略の進め方を体で覚える。
そいでもってクリア。イージーのラスボスは紅魔館組(レミリアと咲夜)でしたとさ。この後でEx超ボス居たけどw
絵も音楽も無い、文章だけのシンプルなゲームですが案外どうとでもなるというか
色々と悶々と出来る辺り俺もまだ元気だなぁとやりながらしみじみ思ってましたわw

f0054345_1820164.jpg

スマイルに無関心ながらも高感度が上がったり、「盛りそば」を「森そば」と勘違いする幽香カワユス。
高感度が上がりまくって、恋人になるとヤバいくらい萌えます。ホントマジで。


さてさて、本日は秋の新アニメまつり第二弾。今回はラインバレルとテイルズオブジアビスです。
またもや画像付きで長いので別所にて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日のネタ
ここいらで麻生太郎のスペックを再確認しておこう
>こんなこともあった。米国留学中に米陸軍を見学に行ったところ、将校に「高射砲を撃ってみるか」と言われ挑戦したんだが、
>数日後、その将校が学校に現れ、「ルテナン(中尉)で射撃教官にしてやる。学校を辞めて基地に来い」と言ってきた。


これマジかよ…w


今日は止めとこ
あの、ボタンを押していってドンドン爆発していくFLASHを思い出した。


【XB360】360本体にラストレムナントを同梱「Xbox 360 ラストレムナント プレミアムパック」発売決定
やはり来たか、プレミアムパック。フェイスカバーがどう見ても妹にパイタッチです、本当にありがとうございました。
非売品サントラ付とか凄く欲しいけど…買い換えたいけど…やっぱ3万の壁は唸ってしまうぜw


評 判 悪 い け ど 実 は 好 き な も の
なんかあったかなぁと思いやそういやニコニコあったか。
好きってのとはまた違う気がするけどもw


「GAMEの時間です」 東京ゲームショー開催へ
行ってみたかったケド、今年もそうそう機会は無さそうです。
ラスレムのプレイアブルとか気になったんだけどなぁ。


 ロマンシング・サガ2の七英雄  ワンピースの七武海
こう比較されると似てるの多いモンだね。


SEX体位60手画像
当然の如くエロ注意という訳だが。ちなみに本当は59の模様。
体位は出来るのでもこんなにあるのねー。
日本の四十八手とはまた違うんかしら。


ファイナルファンタジーの豆知識
ナーシャ・ジベリは最早伝説。
坂口さんとは交流があるらしいし、10年ぶりに何かしら関わらないモンかね。


ワンダープロジェクトJ J2
これ、小学生の頃にプレイしてた時はジブリっぺえとか思ってたなー。
そして未だにクリアしてない体たらくです。


バイオのCG映画。『バイオハザード ディジェネレーション』 続報
レオンとクレアが居るって事は2の続編か。すっげー気になるなこれw


良ツンデレがいるアニメ・ゲーム
最近だとTOVのリタですね。にゃーん!
んまー、最近は”ツンデレ”って言葉が安くなってきた気がするから、もうどれが良くてどれが微妙なのか良く判んないやw


ジブリで一番男前なのは
ポルコか、ON YOUR MARKの二人かなぁ…。
飛べない豚はただのトンカツです。


無双シリーズファンの主張の仕方は他とは一味違う! ほか
>マルチ化して欲しい
>リモコン振りたくありません

勝っているのに負け犬の遠吠えとはこれ如何に。
なんつーか痛々しいコメントだw


オプーナさんがNHKデビュー
これはテレビデビューと同時に購入権を視聴者全員プレゼントだな。


大空最高! 25vs25の大規模空戦ネトゲがテスター募集中
これはREC君辺りが好きそうな感じじゃないか。プレイ感覚はガチでやる人には物足りないかも、らしいけど。
俺も気になるが…これはどんな感じなんかしらねw


・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということで、秋のアニメまつり第二弾。
まずはテイルズオブジアビスの雑感から。
アビスはゲームでプレイしたのでネタバレ以上のモンを知ってるんだけどねw
でも、主人公じゃないのに扱いやすくて作中で一番格好いいガイが出るから見るしかない。
f0054345_20294598.jpg














これがガイ。声優は松本保典氏でめっさ兄貴ボイスですわい。
ホント、アビスは主人公のルークじゃなくてガイの使いやすさのお陰で、ガイばっか操作してました。
剣術のモーションが剣じゃなくて刀ぽかったのも一因だけどw
話自体はほぼゲームをなぞった感じ。戦闘モーションとかは流石サンライズが関わってるだけあって高水準。
後は、術技が固定されなくてパターンが幾つかあれば嬉しいんだけどw
取り合えずこれも続いて視聴ケテーイ。次回はミュウも出るし、今度はあいつの可愛さを堪能しないとナ。


続いて、今期本命アニメの一つである鉄のラインバレル
こちらも原作は既読。見づらいトコもありますが、結構好きなロボット漫画です。
こっちは原作の漫画版とかんなり展開が変わってました。もう色々と突っ込みドコロ満載というかw
f0054345_20385234.jpg

まず、浩一が中学生時点でまだファクターになってない点。
漫画だと、幼少時の事故により突如身体能力が向上(ファクター化した)してました。
ということで、中学生の現在でもイジめられてるという状況から話はスタート。
ついで九条美海の初回からの参戦。HPで彼女の姿を見た時、オリキャラかと思ったら漫画でも最新10巻で登場。
自殺志願者の少女として出てました。漫画では乗ってませんでしたが、アニメではマキナ(アルマ?)に乗って戦う姿がアリ。
そして、ファクター化してないため浩一がDQNじゃなくて中二病になってるという。
「俺にはまだ目覚めてない力があるんだー!」って、実際目覚めるから良いけど、現実だと笑い事だw

f0054345_20472420.jpg

イジメっ子からパシリにされ、その帰りにラインバレルの墜落事故に遭遇する浩一少年。
状況は違えど、ここは原作と一緒でした。城崎が裸で倒れてるのはホントどないなこったと思ったがw
まぁサービスの類なんだろな。
ここで浩一はファクターと成るのでした、と。(右の画像はファクター化による恩恵でパンチで石壁を壊してるシーン)


f0054345_20542485.jpg

アニメだとおっぱいに触ってラインバレルを召喚だ!
…ってのは多分違うだろうケドwこのシーンのは一種の儀式的というかアニメなりの演出でしょうネ多分。
もしくは、ラインバレルを介して二人は繋がったとか、そんな感じか。
という事で後半は「ナイスな展開じゃないか!」と調子に乗った浩一君による、対加藤機関とのロボットバトル。
事前にMOON PHASEさんとこで先行版の感想を見た通り、確かにスピード感あふれるっていうか
ブラスレイターの技術をまんまこっちに持ってきたって感じでしたねwホント早い早い。早すぎて目が痛いw
アクションもカッコ良く、シナリオの方じゃなくてもこっちをメインに見ても良いかもしれん…多分w

f0054345_2125660.jpg

ラインバレルの圧倒的な力で加藤機関のアルマを追い返す浩一。
ラインバレルという「力」を手に入れ、自分の先に明かりを見た彼は大笑いするが、城崎の「貴方はすでに死んでるんです」
という言葉で1話は終了。次回は森次さんwithヴァーダントとトオルwithハインドカインドの大暴れに期待。


ということで今回観た二作品、どっちとも視聴続行~。
ラインバレルは初っ端からの改変の潔さに、ドコまで行くか付いていきますかね。
[PR]

by Horyday | 2008-10-04 23:49 | 雑記


<< ダブルライダー誕生の巻      タイム、イズ、マネマネ。 >>