東方の夜明け

muramsa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 09日

臓物をぶちまけろっ!

あまりにも酷いタイトルですね、翠珀です。

今日、友人の方の地区(約数キロ離れた程度)のとこでお祭りがあるらしいので向かう。
小ぢんまりとはしてましたが、久しぶりに獅子舞をまともに見たり、

リアル巫女さん を見たり・・・眼福(ぉ
小学生上級くらいですかねえ、よく頑張ってるなあと思いましたよ。
その後は、唯一の露店でポテト買って暇になった友人と、そいつの三男と話したりして過しましたとさ。


さて、ここからは深夜ジャンプアニメの感想。
知る人ぞ知る『武装錬金』、そして『DEATH NOTE』のアニメを見ました。
ちなみに、今回のタイトルは武装錬金から斗貴子さんの台詞からです。
すげー印象に残りましたがな。柚姉さんの演技も上手すぎと思いますよん。
斗貴子さん、やはり「似てる」せいか、かなりの好印象だ。声も相まって。
そーいや、カズキ役の福山さんとはテイルズオブディスティニー2以来のコンビですね。
あのゲーム、システムはともかく配役は好きだったので俺にとっては嬉しい限り。
アニメの出来自体もかなりグッド。正直ね、漫画買おうかと本気で思いました。
福山さんは「いぬかみっ」の時は違和感あったが、やはりこういう典型的な熱血バカキャラがあってるなぁ。
日常シーンのテンポは中々。カズキのギャグ絵は好きだなw
そして、バトルシーンは飽きさせることも無く、斗貴子さん、カズキの武装錬金の炸裂ッぷりに脳汁吹きまくり。締めのカズキの猪突ぶりも良いね良いね~。ラストの壁激突も笑ったし。
こりゃあ、来週も是非見たいもんだね。てか、絶対見る。

・・・しかし、噂で原作が打ち切りにあったと聞きましたが、本当ですかねえ?

さて、続いてDEATH NOTE。
オープニングは絵がホモ臭かったです。(ぉ
本編。ライトがデスノートを拾ってから、リュークに出会うまでの一話ですが、リュークに出会うまでのライトの所業がまあ何と手の込んでることかw
ライトがまるで指揮者のように死んで欲しい人物を書くもんだから、恐ろしさよりは笑いがこみ上げたよ。マッドハウスグッジョブ。
これも漫画欲しいと素直に思いました。・・・古本屋で探してみようかなぁ・・・。

深夜枠のジャンプアニメ、当たりだねぇ。出来れば、このクオリティが最後まで持続してくれれば、俺は思い残すことは何も無い・・・。


余談。
今日ネットを徘徊してたら、こんなのを発見しました。
これは、一種のアンケートで自分の書こうとする、または書いた小説がどんな位「イタい」のか判断するものらしいです。因みに俺は26点。危険度Lv2。それなりにイタいようです。
俺は・・・俺はただ変身ヒーロー物が書きたいだけなのにッ!




書いてて結構楽しいことに気づいた。
が、知らん人が多いのでどうかなぁ、とも思ったり。
解らない人は、無理に見ないでくださいね?つまらないかもしれないので・・・。

(十字架に張り付けられて心臓に杭を刺されている霧雨 魔理沙を発見)
霊「ヒィィィィ~~~また不思議な死に(ミスり)方してやがる~~~ぅうう!!!」
魔「ぱ・・・パチュリーの魔導書を取り損ないました・・・・。」
霊「テメェ、性懲りも無く盗りに行ったのかよ・・・。」
魔「しょーがないわねッ!こーなったら『やられボム』で鍛えた延命テクニックでアリスのグリモワールをゲットするぜッツ♡♡♡」
霊「良い子のみんな。大馬鹿野郎のマネは決してしないでね。」



メ「ぷぉぉぉぉ~・・・」(謎の物体を吹いている音)
ル「ナニ吹いてんだよォ~~テメエっっ!!!」
メ「人里の香霖堂でメガネが売ってたトランペットです・・・・。」
ル「騙されてるよ、絶対。」



プルルル・・・
魔「(ガチャ)ハイ。」
霊『博麗神社のものですが・・・。』
魔「申し訳ございません。もう決して例大祭で悪さはいたしません。」
霊『テメー今まで何しやがった。』
霊『いや、そーではなくてー・・・実は今回、魔理沙に例大祭のプレゼンターをお願いしたいんですよ』
魔「(自分がマジックをやっている場面を想像しながら)そんな難しい事がアタシにできるのかしら・・・!!!」
ア「そりゃ、マジシャンだよ。」
ア「馬鹿ね~!プレゼンターは人にトロフィーとか渡しときゃいーんだよ。」
魔「えッ、ノコギリはいいの?」
Z「心配になって様子を見に来てみれば~~~何やってんだいこのスカポンタン!」
Z「さあ、ワシをトロフィーだと思って、大事に扱ってごらん!!!」
(魔理沙とアリス、神主を二人で持ち上げて高所から放る。)
グシャ
ア「良く出来たトロフィーだわ~、血が出てるヨ。」



魔「私ら”盗ル猫(キャッツアイ)”のキャッチフレーズは?」
咲「借りて。」
ア「読んで。」
魔「返さない!」



パ「どーだ、小悪魔。魔導書の整理は進んでおるか~!!??」
小「ううん、全然。」
小「だってパチュリー様~、私は整理が苦手なんだにゃ~。」
パ「なんと!」
パ「こ・・・こやつ、司書のアニマ(意味不明)を持たぬ、図書館の司書だったとはッ!!!ええい、貴様なんぞ今すぐワシのヴアル魔法図書館から出て行けい!!!」
小「ええ、そうさせてもらいますよ!私もうこの仕事限界ですから・・・。ついでにあのろくでなし館主の担当もパチュリー様お願いしますね。」
パ「ちょっと待って小悪魔!!!」
[PR]

by Horyday | 2006-10-09 01:04 | 雑記


<< 秋の夜は釣瓶落とし。      かゆ・・・うま・・・。 >>