東方の夜明け

muramsa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 19日

書く事多すぎ・・・。

今日は結構色々ありましたよ。
朝起きて、クリーニング屋→某PCショップへ→友人が本を買ってきて欲しいとお願い(どうやら注文してた本屋にミスがあったらしい)されてたので本屋に→本を四冊購入(ここに友人の欲しい奴は無かった)→帰りに別の本屋へ向かい、発見したので購入(あと一冊だったので結構ラッキー)→高校時代の友人と会う。「色々」と話したりする。

いやぁ、久しぶりに本を買いましたよ。購入したのはこれ↓
f0054345_23594351.jpg

いかんせん携帯の機種が古いので、画像が荒いのはご愛嬌。
見えにくいので購入本紹介しつつ、今日全部読んだので感想をば。

・左上・・・ハヤテのごとく!七巻。やっと出た!そして、今回も突っ込みどころ満載!やっぱハヤテは面白いわ。ただ・・・。
f0054345_024614.jpg

咲夜って、胸デカイのか!?

・・・まあ、こう思ったのは男の性って事で一つ。
で、次
f0054345_04368.jpg

牧村さんSUGEEEEEEEE!
この人動体視力良すぎだろ・・・(微妙に突っ込みどころが違う)

f0054345_052960.jpg

ちょwwこいつらwwww
もう何も言うまい・・・。

さて、上記以外にも色々とアレな展開(超が付くほど褒め言葉)でしたが、書くとキリが無いのでここまで。ただ・・・咲夜が今巻で可愛く見えてしまったのは俺だけじゃあないだろうなぁ。
個人的には、咲夜にはああいうのは似合わないと思っていたが・・・。その精神が崩れそうだw
あと、タマの扱いが余りにも酷すぎるwwアレは無いだろアレはwww
んで、何か足りんなぁ、と思ってたら・・・クラウスさん出てねーな、今巻。何でだろ?どこかに行ったっけ?
そして・・・今回の一番の見せ場は・・・マリアのピピッピドゥ~(謎)だろ、絶対。お色気シーンなのか、狙ってるのか、どっちかワカランなぁと思いつつ吹いた1コマでした。

真ん中上・・・サクラノ詩。PCゲーム(未発売)が原作の漫画ですね。オダワラハコネ氏はアンソロとかで知ってて好きだ人だったので購入。まあ、最終的には人の感想も当てにしたわけですがwホノボノまったり。たまにはこういうのもよろしいぜ。って言うかゲーム版が激しく気になってきた・・・。

右上・・・学校の怪談かたつむりちゃん・・・見た目モエモエな絵ですが、中身がデラワロスwwこれは感想見るより直に手にとって見て欲しいですねぇ。終始ハイテンションな漫画なので1Pめくる毎に笑ってしまいます。俺は。まあ、人を選ぶと思いますけどね。
しかし、直感で(これは当たりかな)と思い、勢いで購入した割には大当たりだったので良かったです。イヤホント。

左下・・・パンプキンシザース。五巻。久しぶりの最新刊。三話しか入ってないくせにスケール大きく感じる(極上の褒め言葉)・・・。
今回は前回の舞踏会編から、セッティエーム編。そしてクレイモア隊長編?前編まで。
舞踏会編。結構不利かと思っていたアリスなんですが、さらにもう一つの隠し玉、左の護剣(マン・ゴーシュ)を駆使して↓形勢逆転します。
f0054345_0271523.jpg

そして、相手の剣を弾き、
f0054345_028128.jpg

張り手一発!・・・あれ痛いんだよなぁ(伍長談)
見事アリスの勝利で終了。
そして、最後に色々と一悶着あり、見事暴動を沈静化。死者出さず(最終的に首謀者は暗殺されたが)に良くやったなぁ。しかし、この舞踏会の暴動も「結社」の計画のひとつだったわけで・・・。
そして、その次の話。舞踏会でアリスと戦った「ローデリアの近衛兵」を回収しにセッティエーム姫が三課に赴く
f0054345_0335619.jpg

・・・筈でしたが、ひょんな事からマーチスと付き合うことに。
(実は姫様は三年前に見たホットドックが食いたいがために執事と離れたらしい)
ちなみに、こんなナリですが、(この世界での)四ヶ国語を話せる上に、武道もできるっぽい人です。非常に物覚えが良いのだとか。
で、マーチスとホットドック屋を探すのですが、「利用するものは利用する」という精神を持っている彼女は、マーチスに何故軍人なのにその権利を使わないのか、と聞きます。一回はその話はうやむやになるのですが、件のホットドック屋を見つけて、食べた後で姫様が三課の権利を利用して(このホットドック屋は税を未納のまま経営していたから)タダにしようとします。それをマーチスが止め、姫様はマーチスのためを思ってと言いますが、マーチスは「人の弱みに付け込んで!そんな生き方楽しくないだろ!」と一喝。
そこで、姫様が弱みに付け込む、否、付け込まなければいけない理由が分かります。
正直な話、この時の姫様の泣き顔でグッと来てしまった。姫様がこういう風になってしまった理由が分かったのと(前の話からも、おぼろげに何があったかは分かるが)、そん時の絵が普通に涙腺刺激されるような画風だったからですね。もう駄目だ、俺歳だな・・・。

その後、マーチスと姫様は一回喧嘩別れをし、姫様は不良に拉致られますが、マーチスが果敢にも助け、姫様も初めは震えながらもマーチスの手助けをします。ここで二度感動。
そして、ラストで姫様が三課へ。マーチスはこの時に本当に姫様だと気づくw
そして、
f0054345_0502055.jpg

こうなるわけで。
ここらのあらましは説明すると長いので省略。ただ、姫様はマーカスの言葉に心を動かされた、という事ですね。
ちなみに、このシーンのときの執事と近衛兵の顔にワロタw
新キャラはロリータでしたが、それを気にさせない程の出来でしたので大変満足。

右下・・・無敵看板娘。十七巻。無敵看板娘としては最後の単行本。最後の最後まで変わらずな鬼丸ファミリーでした。他に語ることはありません。
ありがとう、無敵看板娘。
そして、今日は。無敵看板娘N(ナパーム)!
来月出るらしいので即購入!


ふう、長く書いたなぁ。さて、次は今週のブララグ。
今回はタケナカ編。
序盤の「うぁーーーーるぺぃーーーーずぃいーーー」には吹き、その後の張さんの拳銃裁きに惚れ、海戦が無かったのにガッカリし、シェンホアの演出まんま&初登場の活躍ぶりに大満足。でした。いやー海戦カットされてたのは惜しいけど、何だかんだでクオリティは高いです。
まぁ、色々と出来なかった細かい部分はありますが、まぁそれも気にしない方方向で。
さて、来週はタケナカ編後編・・・で最終回なのかな?噂では。
まぁ、兎に角期待!
[PR]

by Horyday | 2006-06-19 00:59 | 雑記


<< 新刊購入日記。      音の出会い。 >>