東方の夜明け

muramsa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 10日

今日は小説メイン。

早速本編ドゾー。



「ああ、そうだ。私はあるものを取りに来たんだった。」
女主人は、唐突にそんなことを言った。
「棒読みなのが気になるわ・・・。」
メリィはそう突っ込んだが、女主人は無視。
「アキラ、そこの隅にある古刀持ってきてちょうだい。」
「ん?あれの事?」
女主人が指差した方向へとアキラは向かう。女主人の指す「隅」には、刀は一本だけだったので、アキラは簡単に見つけることが出来た。
少し埃の被った、小太刀位の大きさの刀を持ってきたアキラは、「これをどうすんの?」と女主人に訊ねる。
「ん~、アキラ、そいつを抜いて御覧。」
そう言われたので、アキラは素直に刀を抜く。
刀身は薄暗い店中でもぼんやりと輝き、まるで鞘の薄汚さを否定するかのようだった。
「・・・アキラ!それを戻しなさい!」
メリィは突如叫んだ。アキラはその急な剣幕に慌てる。
「え、あ、わ・・・うわっと!」
とりあえず戻そうとするも、慌てていた所為でそのまま刀を床に落としてしまう。
チリン、チリン、と刀身が地面に連続して当たり、鈴のような音を店内に反響させる。
「あ、ご・・・ごめん。」
アキラは、落としてしまった事をメリィに謝り、拾おうとする。
「触らないでっ!」
「うえっ!?」
またも怒鳴られ、アキラは困惑する。とりあえず、思ったことを、口に出してみた。
「・・・何だよ、戻せって言ったり、今度は触るなって・・・。」
メリィは険しい顔をして、落ちている刀を睨みつつ、言葉を返した。
「あのまま拾っていたら、あなた乗っ取られていたかもね。」
「・・・え?」
乗っ取られる。滅多に耳にしない言葉を言われて、アキラは困惑した。
「つまり・・・この刀って・・・。」
「ねえ、貴女。この刀は一体・・・?」
メリィは女主人の方へ振り返り、言葉を止めた。
女主人は、いつの間にか消えていた。
「げえ!あいつどこに行きやがったんだ!!」
同じく、女主人の不在を知ったアキラは大声を上げる。
(あの女・・・。)
メリィは頭を振った。今は現状の処理に専念する事にしたのだろう。
「アキラ、ここから出て行きなさい。ここは危険になるわ。」
「え、でも・・・メリィを置いて行けねえ・・・。」
「足手まといよ。私が満足に動けない。」
「で、でも・・・相手は刀だし。動けないから放っておいても・・・ええっ!?」
動けない、と思っていた筈の刀は、何故か宙に浮いており、その切っ先を二人に向けていた。
「な、な、なんでだよぉ~っ!」
「悪霊・・・か、怨霊かしら。余程強いみたいね。ここまで気づかなかった私もいけないわ。」
「ど、どうしよう!?」
「だから、あなたはそこの入り口からとっとと逃げなさい。後は私がどうにかするわ。」
「え、あ・・・でも!!」
「邪魔なのっ!同じような事を二度も言わせないで!」
メリィの顔は真剣そのものだ。
アキラは、その顔を信じる事にした。それに、ただの子供である彼が、真剣相手に出来る事は、何も無い。
「・・・っく!」
アキラは、念の為、刀に悟られないようにゆっくりと、入り口の方へ向かう。
「・・・・・・・・・。」
メリィは刀を睨み続ける。どうやら、彼女があの刀を威嚇しているらしかった。
「・・・・・・・・・・。」
幾秒経っただろうか、アキラは、ようやく入り口へと辿り着き、戸口に手を添える。
(出れるっ)
そう確信した瞬間、彼は戸口を引―。
がちゃ。
けなかった。
「な・・・。開かねえ!鍵なんてかけてない筈なのに・・・。」
「何ですって!」
メリィがアキラの方へ向く。そしてすぐに「しまった!」と叫んだ。
刀が先程音を立てた方向、つまり、アキラの方向へと向いた。
そして、そのままアキラへと突進する!
(・・・やべえっ!)
アキラはそうは思ったが、体が反応しない。
刀は、後コンマ何秒かで、彼に当たるだろう。
彼は、思わず目を瞑るのと、ガキン、と音がしたのは一緒だった。
その後で、どすっという音も聞こえた。
「・・・・・?」
アキラは、恐る恐る目を開ける。
目の前から、刀は消えていた。
別に、自分の体に刺さっているわけでもなかった。
「あれ・・・?」
アキラは、周りを見渡す。
刀は、アキラの横にある壁に深く刺さっていた。
「・・・・どうなってんだ?」
アキラは、何故か横の壁に深く刺さっている刀を見つめながら、そう呟いた。
「・・・危なかったわね。」
「!」
後からメリィの声が聞こえたので、振り向く。
彼女は、さっきまで立っていた筈の机の上には居なかった。
「下よ。」
「お。」
下を向く。確かに彼女は居た。
・・・右手に何かを持っていたが。
「それは?さっきまで持ってなかったよな?」
アキラは、メリィの持つそれに、指を向ける。メリィは、右手に持っているそれを高く掲げた。
「ああ、これね。これは『ジャック』って言うの。見た目は鋏だけど・・・生半可な刃物よりは、良く斬れるわ。」
「・・・小さいのに、随分とゴツイ物を・・・。さっきも、それで?」
「ええ。思いっきり叩きつけてやったわ。まあ、仲良くなれた珍しい人間だもの。・・・大切にしなくちゃね。」
「う~ん、なかなか嬉しい事言ってくれるじゃねえか。」
へへっ、とアキラは笑った。それにつられたのか、メリィも微笑んだ。
ずっ、ずっ・・・ず。
「ん?」
何かを擦る音がしたのに気づき、アキラは、音のした方へ向く。
と、言うよりも、何となく分かっていた。
だって、音がしてたのは。
「・・・うわっ!」
さっき、刀が刺さった壁の方向だったから。
刀は、自らの体を少しずつ揺らして、壁の傷を広げ、それで抜け出したのだろう。
「あら、あのまま大人しくしていれば、あの女に後を任せようと思ったのだけれど。」
メリィは、文字通り抜け出した刀に、余裕たっぷりに言い放つ。
刀は、その言葉が届いているのか、小刻みに揺れていた。
つばの部分が、ちきちきと、気味悪く音を立てている。
メリィは、鋏を構える。
「アキラ、今度こそは離れてなさい。体を傷つけても・・・知らないから。」
アキラは、こくん、と頷いた。
そして、さっきの様にゆっくりと離れ、入り口の対象にある、レジのあたりへと移動した。
(・・・俺の出る幕じゃ、ないなぁ)
アキラは、自分の役立たずっぷりを嘆いた。

「さあ、かかって来なさい。この、私を恐れないのなら、ね。」
挑発するようにメリィは薄く笑う。
どうやら聞こえているらしい、刀は、その言葉が発すると同時に、メリィへと突進した。
ガキィンッ。
かなり早い突進にも関わらず、メリィはそれを綺麗に弾く。
刀は空中でくるくると回り、直ぐに体勢を立て直す。
そして、またメリィに標準を合わせ、突撃する。
「馬鹿の一つ覚えみたいに・・・。」
メリィは、鋏を開いた。
ガキンッ
「猪みたいな動きしか出来ないのかしら!」
そして、刀の突進を避けつつ、思いっきり鋏で刀身を挟む。
金属の擦る音が響き・・・メリィは、刀を捕獲する事に成功した。
ギリギリと、刀は鋏から逃げ出そうとするが、全く動ける素振りを見せない。
「アキラ!鞘を持って来なさい!」
メリィが叫ぶ。アキラは、お、おう!と慌てながらも鞘を拾い、メリィの元へ近寄る。
「良い?そのまま、刀に触れないように鞘に収めなさい。少しでも入れば・・・きっと、これの怨念は治まるわ。」
アキラは、こくん、と頷き、ゆっくりと、刀に鞘を近づける。
鞘は、メリィが刀を強く挟んでいたお陰で、簡単に入れることが出来た。
そして、メリィの言うとおり、刀は、鞘に入れた瞬間、その動きを止めた。



数分後。
その後も、慎重に、慎重に刀を鞘に戻し、最後まで収めたアキラは終わると同時に床にへたり込んだ。
その右手には、先程収めた、呪いの刀がある。
「疲れた~。メリィの言う通り、静かになってくれて良かったよ。」
「思ったとおりだったわ。多分、この鞘は一種の封印器みたいな物なんでしょうね。だから、刀を抜くまで気づかなかったんだわ。」
「ふ~ん、そうなのか・・・。」
「へえぇ~そうなの。」
アキラと、女主人は納得した。
「・・・って、あんた、今までどこに居たんだよ!!」
アキラは、さも当然そうに居た女主人に突っ込む。
「どこって・・・店の奥にだけど?」
「自分だけ逃げんなよ!俺たち、大分怖い思いしたんだぞ!」
「別に私は怖がってないけど。」
「・・・う。ま、まあとにかく!こいつは奥にしまっておけよ!他の客が触ったら、騒ぎ所じゃなくなるぜ。」
「あら、私の事を心配してくれてるの?」
「後、この店もな。ココほど退屈しない場所知らないし。」
そう聞いて、女主人は「あらそう。」と答えた。
その顔は、とても満足そうなものだった。



「・・・ふぅ、じゃあ、今日はもう疲れたし、俺は帰るよ。」
アキラは、座ったまま暫く休んだ後、立ち上がった。
「今日は面倒な事にさせて御免ねえ。また来てちょうだいな。」
「あいよ。じゃあ、またなメリィ。」
急に自分の名を呼ばれ、きょとんとするメリィだったが、直ぐに微笑み、
「・・・ええ、また、ね。御機嫌よう。」
そう言って、アキラに手を軽く振った。それは、やはり彼女の様な外見に似合う、優美なものだった。
「おう、じゃーなー。」
その言葉を最後に、アキラは家路へとついた。
そして、何事も無かったかのように静かになる店内。
「・・・さて、どういうつもりかしら?」
メリィは、睨みながら女主人に顔を向ける。
女主人は、何食わぬ顔でいる。
「どういうことかしら?」
「貴女・・・あの刀の正体知っていて、彼に抜かせたでしょう?」
「ええ、そうね。」
「何故そんな事させたのかしら?下手をすると彼、二度と来ないわよ。」
「別にそうは思って無かったわ。・・・一応、あなたよりは付き合い長いからねえ。」
「・・・・・・。」
メリィは、「やはりわからない」といった顔で女主人を睨む。
「・・・ふぅ、本当はね、あなたに、新しい友人を作ってあげたかったのよ。」
「え?」
メリィは少し驚く顔になる。
「まあ、やり方は乱暴だったけどさ・・・。あなたって「そういう人形」じゃない?ああして、少しでも「あなた」を見てもらわないとね。今の内に気づくのと、後で気づくのじゃあ、色々と驚き具合が変わるからね。」
「もし、それで彼が私を拒絶してたら?」
「あの子の適応能力の高さは、私の保障済み。多分、あんたごときじゃあ、嬉しがるだけよ。」
「・・・つまり、最初っから、逃げる事はない、と。」
「そう、あの子も、あなたもね。」
「・・・別に、私は。」
「二日も不貞寝してるやつが何を言いますか。しかも、私の声は無視してたくせに、あの子に起こされちゃって。」
「そ、それは・・・彼が、私の頬を触るから・・・。」
「ふう、まあいいわ。どう?まだまだ「外」は捨てたもんじゃないわよ?」
女主人がニヤニヤとメリィに言う。
メリィは、少しだけ頭を下げ、女主人には見えないように、薄く微笑みながら、こう呟いた。
「ええ、そうね・・・そうかも知れないわ。」



ガラララーと、小気味良い音。
「いらっしゃーい・・・ってあんたか。」
「俺で悪かったな!」とアキラ。
「あら、いらっしゃい、アキラ。」
客がアキラと分かったのか、メリィがレジの奥から出てきた。
「よう、今日は寝てないんだな。」
「別に、いつ寝ようが私の勝手よ。それに、折角待っていたんだから、喜びなさいな。」
つんけんとした態度で迎えるメリィ。
「あー。そりゃすまない。」
「全く・・・まあいいわ。正直、今日は来てくれて嬉しかったわ。」
「えっ、何で?」
「実は・・・。」
「昨日あんたに迷惑かけたじゃない?そのお詫びというわけで、メリィの指示の元、クッキーを作りました~。」
女主人が割ってはいる。「折角の私の台詞が」という顔をしながら、メリィは女主人を睨んだ。
女主人は鼻歌を出しながら、あさっての方向へと顔を向けた。
「へえ、メリィって料理得意なんだな。」
感心するように言うアキラ。
「まあ、前の持ち主の受け売りだけど。」
「んじゃあ、ありがたくいただこうかな。」
「ほい、ここに持ってきてるわよ。それと・・・紅茶も。」
女主人が、レジ下から大皿いっぱいに入ったクッキーを取り出す。埃が付かない為なのか、ラップを引いてあった。紅茶は、いかにもなポットに、これまたいかにもなコップが三つ。
うち、一つはメリィ用に小さい物だった。
「アキラ。」
メリィがアキラを呼ぶ。
「ん?何?」
「どの位、ここにいるのかしら?」
「ん~?今3時半だろ?・・・あと三時間くらいは大丈夫だぜ。」
それを聞いて、メリィは少し、ほっとするような顔になる。
「じゃあ、少しお話でもしましょうか。そうね、例えば私の前の主人の話とか。」
「ああ、そう言えば、メリィは前に主人がいたんだよな?ちょっと興味あるかも。」
「あら、それは私も興味あるわね。」
「貴女はよけいだけど、話してあげるわ。歳は、アキラに近いくらいでね・・・。」
骨董屋に三人(二人と一体)の話し声が響く。
いつもは、埃っぽい店内だったが、今日は紅茶と、クッキーの匂いで満ち足りていた。

・・・・了。




とりあえず、終わった・・・orz・・・ハァ、ハァ
予想以上に長くなっちまった。しかも結構グダグダだし。
書きたい場面を上手く書けなかった、て言うか・・・。
でも、とりあえずマッタリ終わらせて良い、のかも知れない。
う~ん、機会があれば新しく書き直してもいいかも・・・。
もしくは、続きを書くとか。
とにかく、「この」小説は、今回で終わりですね。
見てくれた人(いるかな?)、読んでくれてありがとうございます。

おまけ。

メリィに関する設定2。
メリィは、実は魔法使いが創った人形という事にしています。
その為、外見が人間ぽく創れているんですねw(かなり無理やり)勿論、目も。
骨格とかは、人間のそれと違いますが、実は、食物を摂ったりすることが出来、ちゃんと、排泄器官もつくられているのです。ある意味、BJのピノコみたいな感じか?(違うか)
凄いですね、魔法使いw
ちなみに、彼女の名前の由来はメリーさんから。彼女の持つ鋏「ジャック」は「切り裂きジャック」から来ています。

世界観。
一応、昭和の雰囲気が漂う日本、という事にしています。明確な時代表現はしません。
[PR]

by Horyday | 2006-05-10 22:49 | 雑記


<< うたわれ、ひぐらし感想。下に書...      今日は別用で・・・。 >>