2006年 03月 28日

ひぐらしの、今までのまとめ・・・。

皆殺し編終わってないけど、いままでの事を少し纏めようかと思います・・・。

見る人は見てもいいし、スルーしてもよし。




・鬼隠し。あれは全て圭一の被害妄想、疑心暗鬼によるもの。まあ、それでも納得できないところはあるけどね(終盤、レナがなぜ鉈をもっていたか?等)

・綿流し。あれは全て魅音(全編における詩音)の犯行。目明し編でも書くが、綿流し祭り以降は、魅音と詩音は入れ替わっている。

・祟殺し。鉄平(沙都子の叔父)の死体のナゾは、詩音によるもの。殺害前夜の電話で、勘の良い人にはわかる。また、目明しで、ほぼ確証的になる。しかし、沙都子がその後も叔父は居ると言うし、皆が、圭一が叔父を殺害している時、祭りに行っていたと証言するのはおかしい。
(後者に関しては、皆が叔父殺害を知っていて、口裏を合わせている可能性がある)

・暇潰し。・・・未プレイorz

・目明し。綿流しの裏エピソード・・・に近い。何故近いか、と言うのは、綿流しと比べて、食い違う所があるため。ここで、魅音と詩音が、「実は子供の時に入れ替わっていた」とわかる。(つまり、今まで魅音と呼ばれていたのが詩音、今まで詩音と呼ばれていたのが魅音)

また、祭りの翌日以降、魅音と詩音は入れ替わっていたと言う事も分かる。そのお陰で、綿流し編(まあ、目明しでも言ったが)の、梨花、沙都子探しの時の魅音の台詞にも納得がいく。(沙都子は呪われた子・・・というやつね)
また、今までのオヤシロさまの祟りは、園崎家が主犯、と噂されていたが、それはお魎のブラフ。
綿流しエピローグで、圭一を刺したのは元々の魅音。
んで、ここで梨花の「何か」がわかる。

余談。実はお魎はいい人?みたいな事がTIPSで分かる節がある。

・罪滅し編。鬼隠しのレナバージョン。ただ、ある意味鬼隠しより性質が悪いw
ここで、祟殺しの序盤で殺された、間宮リナの全貌が見える(まあ、見えても大した事は無いが)
梨花はループしている?節があるセリフを残す。
また、TIPSを見る限り、梨花にはもう一人、何かがいるっぽい。
圭一も、何となしに鬼隠し編の記憶を思い出した?様な描写がある。

・皆殺し編・・・。序盤だけやったけど、梨花はループをしている。
梨花のループには羽入なる存在が関与している。
ルールXYZなるものが存在するらしい。何だそりゃ。


・・・上に書いた、ルールXYZと言うのは、ループしている梨花が、其処から抜け出させないための錠前、みたいなものらしい。
X・・・各編による、部活メンバー(+詩音)の暴走による凶行。
また、この状態の確立には、かならず大石、鷹野が関わっている。
しかし、罪滅し編では、「あの」説得により、これは回避できている。

Y・・・確定している殺人事件。この場合、富竹、鷹野の殺人事件。そして、梨花も殺され、あのガス事件へと繋がる、と言うもの。
しかし、綿流し、目明しでは、梨花はそれぞれ拷問死、自殺を行っているので、ガス事件は起こっていない。つまり、ガス事件はこの三人が死なないと、発生しない?(逆に言えば、誰かが一人でも生き残れば、ガス事件自体は発生しない?)

Z・・・上とは違う、個人、では無く環境、によるもの。
・園崎家の各事件のブラフ。(単に見栄を張ってる、とも言うかもねw)
・雛見沢村の暗黒史。(鬼ヶ淵村と呼ばれていた頃と、腸流し)
・北条家と村の確執。
・めでたくw五周年を飾る、怪死事件と失踪事件。

Zは、条件が条件なだけに、上二つのルールとは違い58年限定のものではないが、それは関係あるのだろうか?

つまりは、これらを皆が理解して、回避出来ればいいのだが・・・。

ここまで、書いてきましたが、後半部分、なんだこりゃって感じだな。
ここまで出されて、この後はどう締めくくるんだろうね~。すげー楽しみだぜ。
しかし、ループネタって聞くと某Eve(ryを思い出すなぁ。
まあ、次は皆殺し編。
ぼちぼちプレイしていきますか!

(注)一部、まとめに、ひぐらしWikiを使用。
[PR]

by Horyday | 2006-03-28 16:51 | 雑記


<< ロスチャプレイ中・・・。      悲しきかな、最終回。そして・・・。 >>