東方の夜明け

muramsa.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 15日

ひぐらし三章終了!ネタバレ注意!

徹夜してまでひぐらし「祟殺し編」終了しました。
・・・評価としては、反吐が出るくらい良かったです。(褒め言葉)





中盤、沙都子(今回のスポットキャラ・・・と言うのか?)が叔父に預けられ、学校に来るのですが、それの二回目の事。
f0054345_15513626.jpg

初めは皆で仲良く食事・・・だが、盛り上がってる最中・・・。
f0054345_1553372.jpg

数行の後、主人公が、安堵し、頭を撫でた途端、沙都子は急に拒絶反応を起こし、嘔吐します。
f0054345_1554083.jpg

最終的にパニックに。ここらだけではあまり凄惨さは伝わりにくいかと思われるが、かなりヘビィですね。しかし自分、こういう話は結構好きなので、ここら辺りでテンションが急アップしましたね。

主人公達は、この出来事の前に、沙都子の叔父の虐待の酷さに、止む無く公的機関の援助を求めたのですが(結局、それは沙都子が拒否する)、多分、沙都子はそのせいで叔父に性的虐待を受けた可能性があると思われます。三つ目の画像で、大体の想像はつくかもしれませんが・・・。

今回はここらの話が好きでしたね。まあ、あの叔父には主人公でなくとも
f0054345_15584779.jpg

くわっ!!
っとなっちまいますが。
多分、俺なら殺しに行くでしょうね、後先考えずに。
ここまで(いい意味で)不快感を生みさしてくれた祟殺しは、前二編と比べて一番いい出来やと思います。

さて、今回のナゾ、コーナ~!
今回祟殺し編で自分が思ったナゾを書いていこうと言う、自己満なコーナーです(そういえば、自慢とは自己満足の略らしいですね・・・)。

・今回の一番のナゾ。○○○筈の沙都子の叔父はどこへ消えた?
確かに、主人公は沙都子の叔父を○○、○○○筈ですが、何故次の日には消えていたか?
○○○次の日、沙都子は「消えた」筈であろう叔父が居ると言っている。
・・・どういうことでしょうねえ?まあ、沙都子が嘘をついた、という可能性も否定できないが、実際、彼女は叔父に昨晩味噌汁をかけられているため、おそらく真実なのであろう・・・。(TIPS、うらみ帖?(※)からも一応、生きている?と思わせる節があるような、無いような・・・。)
それならば、主人公が○○○したのは誰だったのだろう?

そして、同じく位に不思議なこと。主人公は、明らかに別の場所に居たのだが、何故か皆とお祭りを楽しんでいた、と言うこと。○○○いる最中の主人公が、本当の主人公ならば、お祭りに居た「主人公」はいったい誰なんでしょうかね?

・次に、○○○した次の日のレナ、魅音の変化。主人公は、上記したように叔父がまだ家に居ることを沙都子から知り、狼狽します。そして、二人の変化・・・。二人は、鬼隠し編のような感じになってしまいます。しかも、前日まで沙都子のことを心配していたのが嘘みたいな台詞も・・・。

・○○○日から聞こえる、足音。おそらく、鬼隠しにでてきた「奴」でしょう。誰か、何かは知りませんが。結局のところ、今回もそれは分からずじまいですが。

・主人公が手に入れた、「呪い」の力。主人公は○○○日から「死ね」と念じた奴を本当に死なすことが出来ると言う不思議な力(と、本人は思っている)を手に入れます。

でも、彼が死ね、と思った人たちは、誰かに殺される理由は一応あるんですけどね・・・。
(鷹野、大石(彼は行方不明だが)はわかるが、監督だけは不明瞭。)

・梨花が惨殺された理由・・・。梨花は、序盤で殺された女性のように、腹を割られて殺されます。まあ、多分、沙都子をおめおめ祭具殿にいれたせいか、と思いますが(綿流しでも似たような線でやられてますしね)、それにしては、今更、な気もします。
綿流しといえば、それで魅音が沙都子の事を呪われた子だというが、その意味が、ここでわかります。本人も、それを自覚しているみたいですし。

・毒ガス流出時、範囲内に居たはずの主人公が死ななかったのは?これは・・・全然分かりません。状況を考えるだけなら、主人公は死ぬ事しか出来ないのですから。ま、沙都子が言った「祟りは、まず身近に居る親しい奴ら殺していく」のならば、あるいは、そうなのかもしれません。

・鷹野が富竹を殺した訳とは?多分、あの様子やと確実に鷹野は富竹を殺してると思われる(違ってたらどうしよう)が、動機は何なのだろうか?
つーか、TIPSでも例の首掻き毟りがあったが、被害者はやはり富竹であろうと思われる。
つまり・・・、今までの富竹殺しの犯人は・・・?

ちなみに、○○○には、漢字一文字と送り仮名が入ります。まあ、分かると思うけど・・・(^^;

(※)うろ覚えだが、確かこのTIPSには、沙都子が義父と実母を殺した、と思われる描写がある・・・・。さらにその時、沙都子も、主人公みたいに何かが憑いていたことがある、と発言している。


さて、ある意味切ない終わり方をした祟殺し編ですが、同時にメチャクチャ謎を残してます。
謎が多すぎて頭が痛え・・・。

さて、気持ち切り替えて次は暇つぶし編をやっとります。
しかし、これは梨花がメインだと信じていたが、まさか外伝だったとは・・・orz
ま、それでも見ますけど。

余談ですが、祟殺しを題材にした同人を見た事があるが、あれは良かった・・・。確かにあれなら、リスクも無く、罪悪感に見舞われる事も無く、沙都子を助けられますねぇ。
当時はまだひぐらしなんてやってなかったけど、何か感動したなあ・・・。

追記。
これ漫画やってるけど、後半大丈夫かなぁ?沙都子すっぽんぽんになるのに。
まあ、少年ガンガン本誌ではなかったから、ある程度は大丈夫だろうけど。
・・・しかし、ゲームでなにも(あえて何処、とは言わない)修正されてないのはちょっとびびった。
あれ、パッケージ見た事あるけど、成年指定されてたっけ?
同人だから良いとか、そういう事なのかなぁ?
それとも、あれぐらいじゃあ、成年指定もなにもない、とか?かな・・・。
よくわからんなぁ、同人業界は。
[PR]

by Horyday | 2006-03-15 16:56 | 雑記


<< 今日からほぼ缶詰状態・・・。      ネットで見つけた爆笑画像・・・? >>