2008年 12月 27日

見る楽しさと聞く楽しさ(になるか)

明日から3連チャンの祭典ですねー。

f0054345_18275973.jpg
















それでも町は廻っている(通称:それ町)の5巻目を購入、の翠珀どすえ。
相変わらずの不思議な構成の話でお送りしてる5巻、まぁそこが魅力的な訳ですけども。

f0054345_19164390.jpg


















紺先輩の親が来る話(歩鳥と紺先輩が出会ってからその後の話)やメッシー改めモマンの話と合わせて
歩鳥が妹と夜の小学校へ忘れものを取りに行く話が好きです。歩鳥のこの台詞が印象に強い。
子供である以上、その先の社会なんて余り知らない訳で…そこから出ると元居た場所って小さいっていうか、儚い感じに思えてくる。
近所にある母校の小学校も今行けば多分、えらく小さいモノだったんだなーと体感するかもしれんねェ俺。
それは多分、中学校や高校もそうなのかもしれん。
ただ、その時に素晴らしいや悲しいと感じてた事はきっと事実なんだろうネ。


f0054345_19452256.jpg
















まぁそれは兎も角としても紺先輩可愛いです。今回は歩鳥に対する感情もチラっと見えたしね。



つらつらと

f0054345_18243431.jpg
















ひだまりスケッチのタワー・・・だと。
昨晩拾った画像なんだけども、これを見るとひだまりスケッチもえらいとこまで来たなーと思ってしまう。
その左隣にはあっちこっちのタワーも。ひだまりの約半分くらいだけど、こちらも圧巻だなァ。
アニメ化等のメディアミックスがされて無い分、これはこれで凄い快挙じゃあないかしらw



f0054345_1851276.gif

























拾いモンだけど、「少女ファイト」5巻が4巻に続き特装版で発売。今回はドラマCDつき、と。
脚本は作者である日本橋ヨヲコ先生の書き下ろし…声優も今を走る豪華声優陣、てことで。
以下が各キャスト表。

大石 練――――水樹奈々
小田切 学―――能登麻美子

延友 厚子―――渡辺明乃
早坂 奈緒―――世戸さおり
長谷川 留弥子―小林ゆう
伊丹 志乃―――ゆかな

犬神 鏡子―――大原さやか
鎌倉 沙羅―――伊倉一恵
蜂谷 由佳―――柚木涼香

由良木 政子――本田貴子
陣内 笛子―――桑島法子


式島 滋――――中村悠一
式島 未散―――鈴村建一

本間 豪徳―――矢尾一樹
由良木 龍馬――浪川大輔
三國 広之―――福山潤
千石 雲海―――杉山大

水樹さんと、能登さん。水樹さんと、能登さんか。
個人的にこれは予想外だった、というかイメージすらした事なかったな。(かといって誰をイメージしてたか、なんて明確なものも無いけど)
このお二人方はキャラによって演技のムラがデカいので、ちょいと不安なトコがあります。
良い時は良いんだけど、合わない時はトコトン合わないんだよな~。
特に学は少女ファイトでかなり好きなキャラなので、イメージ合わないとつらいw
声的にも、若干低めな感じが似合うと思ってたし。
ま、何はともあれまずは聞いてみないと何もわからんネ。
CDもそうだけど「自分はバレーをしてもいいんだ」という気持ちに気づけた練のこの後が描かれた5巻改め大阪編、楽しみですわ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日のネタ

オタクにありがちな思考法・文章のつづりかた
クリスマスは敵だ的な思考?あれネタだと思ってるけど。
というかコレ中二病とかそういうスレじゃないかねw


最近の女子中学生 「ちょwwおまwwワロスwwww」と2ちゃん用語で会話 落書きはブーンやモナー
TPOを弁えてれば…。そんな事も無いんだろうけど。


修学旅行の行き先どこだった?
小学校は京都、中学校は長崎、高校は北海道でスキーだったな。
北海道が一番充実してた…。


伏線が秀逸な漫画教えて
それ町は上手く扱ってる印象が強いです。5巻の雪女の話は面白い風に名前ネタが絡んでたな~。


【閲覧注意だよ!】BLの笑える画像ください
f0054345_1716260.jpg

うーん、笑うにしても苦笑いだわ~こりは。


アニメ・エロゲキャラとクリスマスディナー画像 2008年
今年も平和でした。俺も便乗すれば良かったかなー。


『真・恋姫†無双』を43個大人買いする真正エロゲーマー現る!
バベルの塔すぎるわ・・・w
保存用とするにしてもどんだけの数になるんだ・・・。


主人公だけが嫌いな作品
巷でチラホラ聞くけど禁書の主人公どんだけヒドいんだw

コメ見てたけど
>「主人公がヒロインに惹かれているけど素直になれずに辛く当たってしまう」っていうのはなんか好みじゃない
これにハッとしたというか何と言うか。
思うとこういうので興味が失せる作品が結構あった気がする。


鶴瓶カレンダー2009がエロ過ぎる件
なんだこのタイムスリップ感覚はwww
すげーなテレ東、今の地上波でもこういうのが出来るんだな。


スクエニ、2009年は「サガっぽいもの」を発売?Wii「FFCC クリスタルベアラー」も?
ワクワーク。でも「サガっ”ぽい”」ってどういう事だろ。


25歳女性「バイクのエンジンかけてもらえます?」→助けた31歳男「お礼にこれどうですか?」と下半身露出…神奈川
問答無用で襲い掛からない辺り素晴らしい紳士ですね!


お前らが認める女性漫画家って誰?
f0054345_17525031.jpg


















該当する作者の漫画を画像で。5巻には個人的に不安が残るドラマCDもついて発売する少女ファイトはオススメよ!
載せれてないのだと、伊藤悠さんとかべるのさんとか凄い好きだわ。
…これを出すついでに、みつどもえを1巻読み直したけど、今と見比べるとエライ絵柄変わってたんだなーw
と、しみじみしてしまったよ。
そしてドロヘドロが気になってしゃーないです。あれ面白いんかしら。
[PR]

by Horyday | 2008-12-27 23:24 | 雑記


<< むなしくなりません、俺ですから!      間近に注意、かも。 >>